パソコンの情報をお届けします。

How to OS

自作パソコン

自作パソコンについて

自作パソコンにはまる人も見かけるようになりました。

自作パソコンとは

自作パソコンというのは、パソコン本体を構成するパーツを、自らチョイスして、自分自身の理想のパソコンに仕上げることを可能にしてくれるものです。

このパソコン本体を構成するパーツとは、ディスプレイやキーボードなどといったものはもちろん、そのパソコン本体に内蔵される、パソコンの心臓部となるCPUや、マザーボード・グラフィックボード・電源・ファンなどといった、様々なパーツを、自分自身でチョイスして組み上げるものです。

この自作パソコンを組み上げるには、プラモなどの様に誰でも元から一発で完成させられるというものではなく、
ある程度のパソコンの知識は必要になってきます。

このパソコンの知識というのは、パソコンを操作する技術ではなく、パソコン本体を構成するパーツのそれぞれについての扱い方を知らなければなりません。

また、組み上げる際にも、細心の注意が必要となります。
パソコンというのは、基本的に電子部品の塊です。
ですので、水がかかってしまうとアウトな可能性も高くなるし、精密機械ですので、静電気にも気を使わねばなりません。
こうしたことから、自作パソコンについては、ある程度の知識がないといけませんが、そんなに難しいことばかりではありませんので、
ちょっとパソコンのことを知っている知人などに聞きながら組み立てあげることもできますので、身を構えるほど難しいことはありません。

ただこればかりは気をつけようも無いことなのですが、パソコンの部品には「相性」というものがあります。

この相性というものは、ハードの部分だけではなく、ソフト(新しいソフトを買って、インストールしたけども動かないことがある)にもいえることです。

この相性が良くないと、パソコン本体を組み上げたとしても、うまく動作しないこともあります。
そこで、例えばメモリーなどにありますが、動作が保証されている商品と、そうでないけど安いという商品があります。
あなたの自作する範囲のなかで、相応しい商品を選ぶようにしてください。

Valuable information

池袋の不動産はこちら
http://livestar-realestate.com/

2017/4/13 更新